【アティパスベビーシューズ】生後10ヶ月でMサイズを購入!サイズの選び方や使用感レビュー

サヤカ

長女が10ヶ月の時にアティパスベビーシューズのMサイズを購入しました。

子供の歩き始めってとっても可愛いですよね♡
我が家の長女は生後10ヶ月から歩き始めました。

10ヶ月でもうスニーカーを履かせて良いの?
10cmくらいしかないけどサイズの合う靴はあるかな?
まだ足の裏がやわらかい赤ちゃんにぴったりの靴は?


いろいろ探していたところ、『アティパス』のベビーシューズにたどり着きました。

この記事ではアティパスについてと、実際に購入し使ってみた良い点・気になった点を詳しくご紹介します!

アティパスベビーシューズとは?

一言で言うと、赤ちゃんの足を研究し作られた靴下一体型のシューズです。

アティパスが選ばれる7つのポイント

1.フィット感とソールの柔軟性

靴下部分は足の甲にフィット。指先の動きに合わせてしっかり曲がり、かかともぴったりフィットします。

2.靴の中の通気性

足裏の小さな穴が熱を逃すことで蒸れやすい赤ちゃんの足も快適です。

3.赤ちゃんに優しい軽さ

片足約40gで足に負担をかけません。赤ちゃんの歩くことへの意欲を掻き立てます。

4.滑りにくい

グリップの効いたソールはフローリングや川や海など水の中でも滑らず安心です。

5.つま先のゆったりスペース

つま先にゆったりとスペースを取ることで足の指を使いバランスが取れやすくなります。

6.おしゃぶりと同じ素材

ソールには有害な薬品や接着剤を使用していません。口に入れても安心です。

7.簡単ケア

ネットに入れて洗濯機で丸洗い出来ます。お手入れも簡単です。

サヤカ

赤ちゃんはみんな扁平足です!
歩いていくうちに土踏まずなど足の裏が形成されていきます。
安さ重視ではなく、きちんと足のことを考えた靴を選んであげられると良いですね。

アティパスベビーシューズを実際に使ってみた感想

実際に使ってみた感想を詳しくご紹介します!

アティパスベビーシューズの良い点

室内利用OK

フローリングもカーペットの上でも滑らず安心。

公式サイトでも『室内利用OK』と書いてあるのでスニーカーを室内で履かせるのはちょっと…という方にもおすすめです。

早い段階から靴に慣れさすことができる

一般的な靴はほとんどサイズが11cmからで、よちよち歩きの赤ちゃんには少し大きめです。

アティパスはSサイズで生後5〜7ヶ月の赤ちゃん対象となっているので、伝い歩きが始まったくらいから履かせることが出来ます♪

詳しいサイズ表はこちらです。

着脱がしやすく、靴下を履かせる手間もいらない

赤ちゃんの小さい足に靴下を履かせるのって結構大変です。
急いでる時はなおさら。

アティパスは素材が柔らかいので着脱もしやすく、嫌がることなく履いてくれました。

赤ちゃんって足の指がパーっと開いているので、アティパスの形なら締め付け感がなく快適なのだと思います。

靴下一体型なので靴下を履かせて靴を履かせる2段階の作業もはぶかれます♪

気軽に洗濯できる

公式サイトに『洗濯機可』と書いてくれているのが嬉しいポイントです。

洗濯後も数時間で乾いてくれるのですぐ履かせられます。

MEMO
我が家では、靴裏はブラシでこすって軽く汚れを落としてからネットに入れて洗濯機で洗っています。

おしゃれで可愛いデザインが豊富

公式ホームページには30種類以上のアイテムが揃っています♪男の子のデザインもたくさんありますよ。
季節ごとに新作も発売されています!

出産祝いのプレゼントにも良いと思います。

アティパスベビーシューズの気になる点

色によっては汚れが目立つ

これはどんな靴下や靴でも言えることですが、色が薄い物は汚れが目立ちます。

その分、気軽に洗濯できる点はありがたいです。

水場や砂場には不向き

通気性の為に足裏に小さい穴がたくさん空いています
水場や砂場に入ったら穴から入り込んでくるので一発でアウトです。

水は良しとして、靴下部分に砂利が入り込んだら洗っても中々取れなそうです。

アティパスはくさくなる?
口コミで見かけて気になっている方もいらっしゃると思います。

私は長女の時も次女の時もにおいは気になりませんでした。

ラバーソールですが靴裏にしっかり通気口もあります。においが気になったとしても、洗濯して乾くのも早いので、スニーカーに比べれば衛生的だと思いました。

アティパスベビーシューズのサイズ選び

サヤカ

うちの子のサイズは10cmくらいなんだけど、SとMどっちが良いのかな?

アティパスのサイズガイドでは…

・Sサイズは9.6〜10.8cm
・Mサイズは10.9〜11.5cm

サヤカ

サイズ的にはSサイズだね!

でもサイズガイドの月齢は…

・Sサイズは5〜7ヶ月
・Mサイズは8〜11ヶ月

となっています。

サヤカ

月齢でみるとMサイズだ!

うちの子は節目ごとに写真スタジオで足形を撮っていたので計測してみました。

・生後1ヶ月…7.5cm
・生後3ヶ月…8.5cm
・生後半年…9.5cm

平均すると、1ヶ月で約5ミリほど大きくなる計算。
そうなると、2ヶ月後には11cmに到達してしまいます。

1歳で11cmなら、Sサイズだとぴったりになってしまいそうなので、うちの子はMサイズ購入に至りました!

公式ホームページでサイズシートがダウンロードできます

お家で印刷してお子さんの足に合わせてサイズの確認が出来ます☆
正確に測ってみたい方は、ダウンロードしてみてくださいね。

3年後の現在、次女も愛用中

アティパスの購入から約3年が経ち、現在は次女に履かせています。
足のサイズは1歳1ヶ月で約11cmですが、Mサイズで問題なく使えています。

現在の汚れなどの様子

若干の汚れはありますが問題なく使えています!
長く使いたい場合は汚れが目立たなそうな色を選ぶと良いかもしれません。

アティパスベビーシューズの人気商品

公式サイトでの人気商品をご紹介します!

シューティングスター

グレー、ホワイト、ネイビーの3色あります。
シンプルで女の子も男の子もOKなデザインです。

ポンポン

カーキ、ピンク、ベージュの3色あります。
こちらも女の子も男の子もOKなデザインです!

ロイヤル

こちらはピンクとホワイトの2色です。
女の子向けですね。リボンがとっても可愛いです。

コサージュ

ピンク、グリーン、グレーの3色あります。
我が家はこちらのグリーンを購入しました。お花がふわっとしてて写真映えします♪

ブーティ

ベージュとブルーの2色です。
どちらかと言ったら男の子向けですね。ブーツを履いているようなデザインでおしゃれです

一部をご紹介しましたが、まだまだたくさん種類があります!

最近ではアカチャンホンポでも取り扱いされています。

サイズが気になる方は店舗で試着して購入するのも良いと思います。

アティパスの類似商品

アティパスのような靴下一体型のファーストシューズは他にも種類があります。
ざっくりご紹介させていただきます!

ベビーフィート

アティパスの日本専門商品です。
アティパスは世界各国で販売されていますが、ベビーフィートはアティパスの日本専門商品として製造・販売されています。

機能面はアティパスと同じですが、ベビーフィートはサイズ展開がMとLのみとなっています。アティパスよりお手頃価格となっています。

Komuello コムエル ベビーシューズ

機能面や価格面ではアティパスと同等ですが、デザインがポップな感じで動物や果物モチーフの商品中心で子供っぽい印象です。

アティパスはシンプルでおしゃれな印象ですが、可愛らしいデザインが好みの方はコムエルもおすすめです!

サヤカ

通販サイトを見ているといろいろなシューズが出てきますが、あまりに安すぎる物などは赤ちゃんの足に履かせるのはちょっと心配…。口コミなどをしっかり読んで、歩きやすい1足が見つけられると良いですね!

まとめ

  • アティパスはプレシューズにぴったり
  • 赤ちゃんの足を考えて作られただけあって嫌がらない
  • 水や砂利には弱いがお手入れ簡単、洗濯機OK
  • 男女共にデザインが豊富

スニーカーはまだ早いけれど、赤ちゃんの靴をお探しの方はアティパスがおすすめです♪

早い段階から靴に慣れておくと、スニーカーに移行する時も楽ですよ(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です